わたしのカートラ
カートラとは
閉じる

人生という旅を、
クルマとともに。

クルマであそぼう。
好きなときに、行きたい場所へ。
クルマと旅しよう。
ひとりで、ふたりで、みんないっしょに。
きっとドライブの数だけ
新しいストーリーが生まれるはずです。

003


人生に、変化と自由と冒険を。

Episode 1

世界にひとつだけの、
わたしのクルマ。 < YURIEさん >

リアハッチを開けると、そこは夢が詰まった「セカンドハウス」だった――。天井いっぱいに板張りがほどこされた車内は、さながらツリーハウスかバンガローのよう。自作のレールに吊るされたアンティーク調のカーテン。さり気なくコーディネートされたクッションやブランケット。開け放ったスライドドアから入る潮風を受けて、ハンドメイドのドリームキャッチャーが揺れている。無造作に飾られたペナントやポストカードは、LA観光やロンドンの蚤の市で見つけたもの。「旅先でもクルマのことを考えちゃって。『あ、これサンシー号に似合いそう』とか『サンシー号へのおみやげにしよう』って、ついつい買い込んじゃうんです」とYURIEさんは朗らかに笑う。

インスタグラム著書を通じて「旅とキャンプ=ソトアソビ」の魅力を発信しているYURIEさん。愛車の「サンシー号」とともにカートラベルやアウトドアを楽しみながら、取材・執筆のほか、さまざまなブランドの商品企画やプロデュースにも携わっている。「肩書きは何ですか?ってよく訊かれるんですけど…なんでしょうね、自分でも分かんない。夫には“なんでも屋さん”でいいじゃん、なんて言われてますけど(笑)」。フォロワー数6万人を超えるインフルエンサーの素顔は、インスタでの印象そのままに率直で自然体だ。

YURIEさんがアウトドアに目覚めたのは5年ほど前。職場の先輩の一言がきっかけだった。「こんどの週末、何するんですか?って訊いたら、『キャンプにでも行こうかなー』って言われて。そこでハッとしたんです。キャンプという選択肢が自分のなかに無かったから。そうか、キャンプは思いつきで行ってもいいんだ!って」。即断実行がモットーのYURIEさん。さっそく父親のキャンプ道具一式を借りて週末キャンプを敢行する。「その日のコンディションが最高だったんですよ。千葉にあるキャンプ場なんですけど、夜にはきれいな星空も広がって。当時つきあってた夫といっしょだったから、よけい楽しかったんだと思う。キャンプってままごとっぽくないですか? “自分たちの家、建てた!”みたいな(笑)そこから一気にアウトドアにハマりました」。

こうして週末ごとに「ソトアソビ」を満喫するようになったYURIEさん。数年後、自分の車が必要になると、中古車ショップへ“ぴょーんと”飛んでいく。そこで出会ったのが、のちにサンシー号となる中古のバネット。C22型はかつて80年代から90年代にかけて商用車として活躍していたバンだ。「なんといってもカタチが可愛い。このレトロ感が絶妙!」とYURIEさんは一目ぼれ。たしかに、ほどよくカドのとれたフォルムには、今の車にはないぬくもりと愛嬌がある。「キャンプに行くから荷物はいっぱい積めたほうがいい。でもふだん使いもしたい。できれば車中泊もしたい。そんな願望をぜんぶ並べていったらこの子になった。価格も手頃だし、これなら私がやりたいことを全部かなえられるなって」。

さて、ここからがYURIEさんの本領発揮。海外発の“Van Life”というライフスタイルへの憧れもあり、中古のバネットをDIYで「世界に一台しかないクルマ」にしていく。「業者さんに頼むんじゃなくて、ひとつずつ自分でやりたかったんです。でも一人じゃできないから、助っ人を呼びたいなと思って」。そこに手を挙げてくれたのが、二子玉川にある「DIYファクトリー」。達人たちのサポートのおかげで、可動式ソファベッドやサイドテーブルの製作から、床板や壁面の補修、さらにはボディの塗装まで、カスタマイズは着々と進んでいった。サンシー号のチャームポイントであるストライプも、マスキングをしてYURIEさんがスプレーしたもの。「でも雑すぎて、ところどころはみ出しちゃった」と苦笑いしているが、ささやかなミスも味のうち。隅々まで手をかけているので、愛着もひとしおだ。[後編へつづく]

Text : 中村匠秀 / Photo : 谷本裕志

YURIE
インスタグラマー

1988年群馬生まれ。キャンプや旅、アウトドアを楽しみながら、その魅力を「ソトアソビ」というライフスタイルとして発信。取材・執筆のほか、ファッションや雑貨の商品企画・プロデュースも手がける。インスタグラム(@yuriexx67)のフォロワー数は約6.6万人超。注目のインフルエンサーとして、TV・雑誌・web・イベントなど多彩なフィールドで活躍中。 愛車のVAN(サンシー号)で日本各地を旅するのが好き。著書に『THE GLAMPING STYLE 〜YURIEの週末ソトアソビ〜』(KADOKAWA)がある。公式サイト www.yuriexx67.com
Share   

Event

NEW

『カートラジャパン2018』、9/28(金)〜30(日)幕張メッセにて開催! クルマとクルマ遊びの楽しさを広げる一大イベントです。キャンピングカーからアウトドアグッズ、ペット用品まで、多彩な「カートラベル」アイテムが勢ぞろい。屋内外のステージではトークセッションや音楽ライブ。話題の車中泊やテント泊を体験できるコーナーも。公式サイト www.cartra.jp

クルマといっしょに旅しよう 日本カートラベル推進協会